熊本県人吉市yamaji中国語教室
獅子舞
 
 
yamaji中国語教室ー中国のお正月

   TOP  事務室  動画室  今日の一言  教室  リンク  ニュース  お問合せ  タウン街 サイトマップ

 

                     
                                      yamaji中国語教室 2010年12月

  春節は中国にとって伝統的な民俗文化を伝えるとても大事な祝日です。古いものを取り除き、新しいものを

打ち立て、豊作の年と福を迎えられよう祈願します。民族・地方。集落それぞれで行事は多彩で、濃厚な民族

風情が感じられます。
旧暦の12月24日には、不運をすべて外に掃き出し、どの家も全員で大掃除し、新春を

迎える賑やかな雰囲気に包まれます。

 花瓶のお花    中国のお正月は旧暦で大体1月中旬〜2月の中旬のなので、カレンダーを見な

いとその年のお正月の日付が分かりません。大晦日の夜、父と母は子供達に新年

のプレゼントとして新しい服を用意します。私と弟はそれをを見て眠れず父はこ

の日“もうひとつ大きくなって、しっかり勉強しなさいよ”と毎年言い続け、私

もしっかり頑張ろうと思っていました。幼児園のときから歌と舞踊を始め、特に

歌が得意だったので、小学校5年生の頃どうしでも歌手になりたく試験を受け合

格しましたが、父の猛反対で夢は叶いませんでした。

 お正月の一週間前から、爆竹の音も段々激しくなり、大晦日になると、夕飯

の時間と夜の12時頃は部屋で話す声も聞こえないほど、花火の光や爆竹の音

が鳴り響き、この賑わいは朝まで続きます。
  以前、防火のため爆竹は一時禁止されましたが、今年のお正月に故郷に帰った際は、爆竹の音はまた始まって

いました。 ええ・・・?と思ったら、伝統的な風習を守るため解禁されたそうなのですが、指定された広場な

どでしか出来ないことになっています。

 「福」の字は“幸せ”、“福運”を指し、人々の幸福の生活と素晴らし

い未来を願って祈願します。この気持ちを表現するため、縁起いいの図案

を作り、“福”の字をなぞります。これらの図案の「寿老人」、「誕生祝

い桃」、「鯉は龍門」、「五穀豊穣」、「 龍鳳を跳んで吉祥」などを表

しています。春節では「福」の字を貼り、逆さまの「福」の字をあちこち

によく見られます。実は中国語では“福が倒れました”の発音と“福が着

きました”の発音は全く同じなのです。私は最初この図案を見たときに、

“福が倒れました”と大きな声をあげ、母は“そうです、福が着きました

よ”応えました。「アア・・・なるほど!これはとても縁起がいい」と語

り合いました。
 
福

お餅つき

 

旧暦の一月一日に、皆でゆっくり過ごし、美味しい料理を食べながら、家族や職場の話

をしたり、テレビを見たり、碁をしたり、楽しくすごします。小学校の頃はよく弟と将棋

をしました。2日目に親戚やお友達の家に挨拶に行き、それぞれのお宅の美味しい家庭料

理を食べられることも楽しみです。


 桂林では、お正月にお餅をつきます。私の幼い頃から母は仕事が忙しくても、毎年のお

正月に黒砂糖と塩味のお餅を作っていました。私の大好物です。塩味のお餅に里芋、燻製

の豚肉、長ネギを入れて混ぜ、お餅の直径は約25cmの大きさ、厚さは5cmぐらいで、

数時間かけて蒸します。食べるときに薄く切ってフライパンで焼きます。ちょっと薄くて

大きいけど、日本と同じ白いお餅もつきます。小学校の頃、白いお餅を炭火の上で焼き、

膨らんできたお餅を見てとても楽しかったことを今も覚えています。農家では約3が月分

のお餅をつき、水の中に浸けて保存します。

お正月は一年で一番のご馳走です。それぞれの家でたくさんの料

理を作ります。里芋と豚肉の蒸し物、地鶏薬膳のスープ、冬?、椎

茸とアヒル肉の炒め物、レンコンとスベリブアの煮込み、牛肉の煮

物、ミンチと湯豆腐の煮込み、大きな魚料理。鶏、鴨、豚、牛肉す

べてお揃いです。お餅、粽(ちまき)などなど・・・。また、お正

月に必ず出る面白いものといえば、“種”です。向日葵の種、南瓜

の種、西瓜の種を味付けで乾燥させます。とても美味しいから、一

粒を食べたら止らないですよ!

  広西南寧市内街角のお正月の雰囲気
 広西南寧市内お正月一日の公園の一角  

中国の東北地方では必ず餃子を作ります。東北出身の友人は“

家族みんなで大晦日の夜から朝まで餃子を作り、多数の餃子の中

にこっそり一枚だけのコインを入れ、1日にこの餃子を食べた人

は、新年はとても運勢アップ”と言っていました。面白いですね

!これらの風習は今も残っていて、人々の幸せへの願いが込めら

れていますね。
 

 
 お正月のお祝いは1ヶ月続きます。旧暦の1月15日は盛大の“元宵節”(

ユアン ショオ ジエイ)です。その日は“無病息災”、“円満”、“幸せ”

、“順調”などの意味がある“元宵”(団子)を食べます


 団子の皮は殆どもち米
粉で、具は桂花、砂糖と黒胡麻、ピナッツと砂糖、豚

肉ミンチ、野菜などがあり、スープの中に団子を入れたさっぱり味、フライパ

ンで焼いても美味しいです。


 夜、家族皆で街に灯篭を見に行きます。街はたくさんの花と灯篭で飾られ、

木などに紐で固定している面白い「なぞなぞ」を書いているカラのメモを舞い

、「なぞなぞ」を解く人々と鮮やかな灯篭の光で昼間のような明るい街は、ま

るで大きな画のようにとても美しい綺麗です。勿論恋人とのデートの場所とし

ても人気があります。元宵節で春節の行事はクライマックスを迎えます。

春節 元宵節



 

TOP  事務室  動画室  今日の一言  教室  リンク  ニュース  お問合せ  タウン街 サイトマップ


トップに戻る↑
 
Copyright(C)yamajiChineseclassroom All Rights Reserved